FC2ブログ
『建築模型 ラスベク変換』

ラスベク変換(ラスターをベクトルの変換)

建築模型を作る時は 半分以上寸法の測り方

これが一番かかる と言ってもいいくらいです

もらった図面を コピーして貼り付けても

線が太かったり 縮尺が違ってたりするので

そのままは 使えません

そこで ラスベク変換すればと 思い使ってみました

ラスターとはペイントソフトなどのデータ形式

ベクター(ベクトル)はCADの線データ形式


これは 自分で書いた図面です

元はCAD BOXからダウンロードしたもので

模型用に作りやすく アレンジしたものです

図面 

トイレの図面 これを BMPで保存して


BMP2.jpg 

BMP2MONOと言うソフトで色の濃さを調整せます

このソフトは BMPで白黒のみのデータの色の濃さを

調整するもので 左上のスライダーで調整します

左側がもともとの図面 右側が調整後

あまり 薄すぎると上手く変換されないので 少し濃い目がいいかと


B2D.jpg 

BMP2MONOで調整し保存したものをB2DでDXF変換

オートトーレスで保存したのが一番いいと思います


JWW.jpg 

あとは JWWなどCADのDXFファイルで

読み込めば入ります

それでも 最初から書いたようにキレイなわけでは

ありません

円は入らないようです 線になります


JWW拡大

拡大すると こんな感じで なんとか輪郭だけは

わかるので

この上から 書き直した方がいいようです

完成品です

画像-0062 

画像-0063 

画像-0064


この方法だと このブログからでも

保存すれば 同じようにできます

このレベルまでのキレイさは出ないかもしれませんが

スキャナーで読み込んだものも 同じやりかたでできます

BMP2MONOでの濃さの調整でかなり 

変わってきますので

いろいろと 試してください(全部 フリーソフトです)


BMPモンキー、InkScap、wintopoなどラスベクソフトを

(全部 フリーソフトです)

試してみましたが よくてこんな感じです

CADで書いたようには 入りません

ちょっとした小物 備品など そんなに寸法がきにならない

物にでしたら 使えます

建物の図面などは 書き直した方が 早いし正確です


ちなみに  InkScapはペイントソフトのようなもので

はじめからベクター形式で書けるソフトです

建築模型を作る時 ペイントソフトもたまに使います

InkScapで書きなれておけば なにかと便利かも
スポンサーサイト



【2010/11/03 15:51】 CAD | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<がくぶん 1級認定試験 | ホーム | がくぶん 建築模型上級コース>>
comments
please comment














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://kakoage.blog89.fc2.com/tb.php/1001-4939c7b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |